Shift_JIS Page

部屋入口 へ
仁木悦子
おまけの文庫リスト
Scince: 2001.09.23
Last Update: 2012.09.17

講談社文庫 - 角川文庫 - ケイブンシャ文庫 - 光文社文庫 - ポプラ文庫



      講談社文庫

  1. 『猫は知っていた』
    講談社文庫 (AX015/AX10-01/に-02-01)(ISBN: 4-06-136015-9) 1975.01.15
    『猫は知っていた』/△「解説」大内茂男

  2. 『粘土の犬』
    講談社文庫 (AX062/AX010-02/に-02-02)(ISBN: 4-06-136062-0) 1977.03.15
    「かあちゃんは犯人じゃない」/「灰色の手袋」/「黄色い花」/「弾丸は飛び出した」/「粘土の犬」/△「仁木悦子の人と作品」西村京太郎

  3. 『林の中の家』
    講談社文庫 (AX115/AX010-03/に-02-03)(ISBN: 4-06-136115-5) 1978.09.15
    『林の中の家』/△「解説」安間隆次

  4. 『穴』
    講談社文庫 (AX138/AX010-04/に-02-04)(ISBN: 4-06-136138-4) 1979.08.15
    「穴」/「明るい闇」/「山のふところに」/「幽霊と月夜」/「誘拐者たち」/「うさぎと豚と人間と」/△「解説」権田萬治

  5. 『冷えきった街』
    講談社文庫 (AX173/AX010-05/に-02-05)(ISBN: 4-06-136173-2) 1980.08.15
    『冷えきった街』/△「解説」渡辺和靖

  6. 『二つの陰画』
    講談社文庫 (AX215/AX010-06/に-02-06)(ISBN: 4-06-136215-1) 1981.11.15
    『二つの陰画』/△「解説」桑原茂夫

  7. 『赤と白の賭け』
    講談社文庫 (AX230/AX010-07/に-02-07)(ISBN: 4-06-136230-5) 1982.04.15
    「赤と白の賭け」/「石段の家」/「幼い実」/「ひなの首」/「悪漢追跡せよ」/「黄色の誘惑」/「霧のむこうに」/△「”仁木推理小説”の魅力」山本多津

  8. 『灯らない窓』
    講談社文庫 (AX242/AX010-08/に-02-08)(ISBN: 4-06-136242-9) 1982.09.15
    『灯らない窓』/△「解説」権田萬治

  9. 『緋の記憶―三影潤推理ノート』
    講談社文庫 (に-02-09)(ISBN: 4-06-183050-3) 1983.05.15
    「暗緑の時代」/「緋の記憶」/「アイボリーの手帖」/「沈丁花の家」/「蜜色の月」/「美しの五月」/△「解説」佐野洋

  10. 『赤い猫』
    講談社文庫 (に-02-10)(ISBN: 4-06-183213-1) 1984.04.15
    「赤い猫」/「白い部屋」/「青い香炉」/「子をとろ 子とろ」/「うさぎさんは病気」/「乳色の朝」/△「解説」山村正夫

  11. 『陽の翳る街』
    講談社文庫 (に-02-11)(ISBN: 4-06-183313-8) 1984.08.15
    『陽の翳る街』/△「解説」郷原宏

  12. 『青い風景画』
    講談社文庫 (に-02-12)(ISBN: 4-06-184250-1) 1988.07.15
    「青い風景画」/「まぼろしの夏」/「光った眼」/「偽りの石」/「遮断機の下りる時」/△「仁木さんの思い出」夏樹静子
  1. 『猫は知っていた』
    講談社文庫大衆文学館 (に-01-01)(ISBN: 4-06-262061-8) 1996.10.20
    『猫は知っていた』/△「仁木さんの思い出」夏樹静子/△「人と作品」硲田安介
  1. 『猫は知っていた・濡れた心』
    講談社文庫・江戸川乱歩賞全集2 (乱-01-02)(ISBN: 4-06-263876-2) 1998.09.15
    △「江戸川乱歩賞全集刊行のことば」日本推理作家協会/△「作者の言葉」仁木悦子/『猫は知っていた』/△「第三回江戸川乱歩賞選評 女流作家の登場を喜ぶ」江戸川乱歩賞選考委員/△「解説」中島河太郎/△「巻末エッセイ 思い出と寂しさと」宮部みゆき


      角川文庫

  1. 『凶運の手紙 他五篇』
    角川文庫 (緑454-01/に-03-01)(ISBN: 4-04-145401-8) 1978.08.15
    「凶運の手紙」/「花は夜散る」/「初秋の死」/「遠い絵図」/「金ぴかの鹿」/「一日先の男」/△「解説」中島河太郎

  2. 『夢魔の爪 他五篇』
    角川文庫 (緑454-02/に-03-02)(ISBN: 4-04-145402-6) 1978.12.10
    「夢魔の爪」/「赤い痕」/「虹の立つ村」/「おたね」/「小さい矢」/「ねむい季節」/△「解説」武蔵野次郎

  3. 『みずほ荘殺人事件 他五篇』
    角川文庫 (緑454-03/に-03-03)(ISBN: 4-04-145403-4) 1979.03.30
    「みずほ荘殺人事件」/「死を呼ぶ灯」/「肌さむい夏」/「あの人はいずこの空に」/「最も高級なゲーム」/「老人連盟」/△「解説」島崎博

  4. 『暗い日曜日 他五篇』
    角川文庫 (緑454-04)(ISBN: 4-04-145404-2) 1979.08.20
    「暗い日曜日」/「くれないの文字」/「うす紫の午後」/「早春の街に」/「かわいい妻」/「木がらしと笛」/△「解説」二上洋一

  5. 『死の花の咲く家 他六篇』
    角川文庫 (緑454-05)(ISBN: 4-04-145405-0) 1979.10.20
    「死の花の咲く家」/「空色の魔女」/「赤い真珠」/「巷の騎士」/「夏雲の下で」/「毒を制する法」/「鬼子母の手」/△「解説」津井手郁輝

  6. 『三日間の悪夢』
    角川文庫 (緑454-06)(ISBN: 4-04-145406-9) 1980.02.25
    「三日間の悪夢」/「罪なき者まず石をなげうて」/「虹色の犬」/「ただ一つの物語」/「恋人とその弟」/「壁の穴」/△「解説」硲田安介

  7. 『青じろい季節』
    角川文庫 (緑454-07)(ISBN: 4-04-145407-7) 1980.09.10
    『青じろい季節』/△「解説」数藤康雄

  8. 『殺人配線図』
    角川文庫 (緑454-08)(ISBN: 4-04-145408-5) 1981.06.10
    『殺人配線図』/△「解説」中島河太郎

  9. 『枯葉色の街で』
    角川文庫 (緑454-09)(ISBN: 4-04-145409-3) 1982.03.25
    『枯葉色の街で』/△「解説」天藤真

  10. 『刺のある樹』
    角川文庫 (緑454-10)(ISBN: 4-04-145410-7) 1982.10.10
    『刺のある樹』/△「解説」杉みき子

  11. 『黒いリボン』
    角川文庫 (緑454-11/に-03-09)(ISBN: 4-04-145411-5) 1983.01.20
    『黒いリボン』/△「解説」中島河太郎

  12. 『夏の終る日』
    角川文庫 (緑454-12/に-03-10)(ISBN: 4-04-145412-3) 1983.09.10
    「色彩の夏」/「どこかの一隅で」/「白い時間」/「しめっぽい季節」/「夏の終る日」/△「解説」佐藤一公

  13. 『銅の魚』
    角川文庫 (緑454-13/に-03-11)(ISBN: 4-04-145413-1) 1984.05.25
    「誘拐犯はサクラ印」/「二人の昌江」/「山峡の少女」/「倉の中の実験」/「銅の魚」/「あかねを歌う」/△「解説」永畑恭典

  14. 『一匹や二匹』
    角川文庫 (緑454-14/に-03-12)(ISBN: 4-04-145414-X) 1987.01.25
    「一匹や二匹」/「坂道の子」/「サンタクロースと握手しよう」/「蒼ざめた時間」/「縞模様のある手紙」/△「解説」アンドレイ・ベケシュ
  1. 『妹たちのかがり火 第1集 戦死した兄さんを悼む』
    角川文庫 (緑470-01) 1980.07.20
    ///△「一冊の本」仁木悦子//△「冬と凍土」藤木靖子///△「編集にあたって」仁木悦子
    ※他の収録作は略

  2. 『妹たちのかがり火 第2集 戦死した兄さんを悼む』
    角川文庫 (緑470-02)(ISBN: 4-04-147002-1) 1980.07.20
    ///△「編集にあたって」仁木悦子
    ※他の収録作は略

  3. 『妹たちのかがり火 第3集 戦死した兄さんを悼む』
    角川文庫 (緑470-03)(ISBN: 4-04-147003-X) 1982.08.20
    ///△「編集にあたって」仁木悦子
    ※他の収録作は略

  4. 『妹たちのかがり火 戦死した兄さんを悼む』
    角川文庫 (に-03-13)(ISBN: 4-04-147001-3) 1995.05.20
    ///△「一冊の本」仁木悦子//△「冬と凍土」藤木靖子///△「編集にあたって」仁木悦子
    ※他の収録作は略
  1. 『黒いリボン』
    角川文庫リバイバルコレクション (RCに-01-01)(ISBN: 4-04-145411-5) 1997.02.25
    『黒いリボン』/△「解説」中島河太郎


      ケイブンシャ文庫

  1. 『石段の家―自選傑作集』
    ケイブンシャ文庫 (に-01-01)(ISBN: 4-7669-0267-X) 1986.02.15
    「かあちゃんは犯人じゃない」/「金ぴかの鹿」/「暗い日曜日」/「ねむい季節」/「明るい闇」/「山のふところに」/「死の花の咲く家」/「夢魔の爪」/「石段の家」/△「私の推理小説作法」仁木悦子


      光文社文庫

  1. 『不思議の国の猫たち 12点のアンソロジー』
    光文社文庫 (に-03-01)(ISBN: 4-334-70169-8) 1985.06.20
    「猫の年齢」西東登/「ピーや」眉村卓/「お富の貞操」/芥川龍之介/「猫文法」川又千秋/「猫の皿」古今亭志ん生/「猫の殺人」吉行理恵/「ねこ忍」水木しげる/「復讐は彼女に」小泉喜美子/「ネコ」星新一/「ねこんしょうがつ騒動記」あまんきみこ/「誘拐者たち」仁木悦子/「猫の泉」日影丈吉/△「編集後記」仁木悦子

  2. 『聖い夜の中で』
    光文社文庫 (に-03-02)(ISBN: 4-334-71447-1) 1991.12.20
    △「本書を刊行するにあたって」後藤安彦/「陰のアングル」/「うさぎを飼う男」/「折から凍る二月の」/「数列と人魚」/「聖い夜の中で」/☆「年譜」/☆「仁木悦子書誌」/☆「著書目録」羽田和政/△「仁木さんの微笑」鮎川哲也/△「猫の縁」熊井明子/△「仁木さんと霧の会の思い出」夏樹静子

  3. 『聖い夜の中で 新装版』
    光文社文庫 (に-03-03)(ISBN: 4-334-74164-9) 2006.12.20
    △「本書を刊行するにあたって」後藤安彦/「陰のアングル」/「うさぎを飼う男」/「折から凍る二月の」/「数列と人魚」/「聖い夜の中で」/☆「年譜」後藤安彦/☆「仁木悦子書誌」/☆「著書目録」山前譲/△「仁木さんの微笑」鮎川哲也/△「猫の縁」熊井明子/△「仁木さんと霧の会の思い出」夏樹静子/△「解説」山前譲


      ポプラ文庫

  1. 『私の大好きな探偵 仁木兄妹の事件簿』 (戸川安宣編)
    ポプラ文庫ピュアフル (に-02-01)(ISBN: 978-4-591-11445-2) 2009.11.16
    「みどりの香炉」/「黄色い花」/「灰色の手袋」/「赤い痕」/「ただ一つの物語」/△「解説 作家・仁木悦子と探偵・仁木悦子のこと」戸川安宣

  2. 『猫は知っていた 仁木兄妹の事件簿』
    ポプラ文庫ピュアフル (に-02-02)(ISBN: 978-4-591-11677-7) 2010.03.18
    『猫は知っていた』/△「解説」大矢博子

  3. 『林の中の家 仁木兄妹の事件簿』
    ポプラ文庫ピュアフル (に-02-03)(ISBN: 978-4-591-12063-7) 2011.01.15
    『林の中の家』/△「悠久のむかしのはなし」/△「解説」新保博久/△「(帯)」法月綸太郎

  4. 『子どもたちの長い放課後 YAミステリ傑作選』 (若竹七海編)
    ポプラ文庫ピュアフル(に-02-04)(ISBN: 978-4-591-12452-9) 2011.05.08
    「一匹や二匹」/「うす紫の午後」/「誘拐者たち」/「倉の中の実験」/「花は夜散る」/「やさしい少女たち」/「影は死んでいた」/△「編集後記・子どもたちは知っていた」若竹七海

  5. 『刺のある樹 仁木兄妹の事件簿』 new
    ポプラ文庫ピュアフル (に-02-05)(ISBN: 978-4-591-13078-0) 2012.09.05
    『刺のある樹』/△「解説」日下三蔵


      リスト作成にあたっての初出、改題及び未見部分の参考文献

    ※ 「仁木悦子書誌」島崎博 『別冊・幻影城 仁木悦子』幻影城
    ※ 「仁木悦子 書誌」羽田和政 『聖い夜の中で』光文社文庫
    ※ 「仁木悦子著作リスト」日下三藏 『仁木兄妹の探偵簿 2妹の巻』出版芸術社
    ※ 各文庫巻末の「解説」等
    ※ 角川文庫解説目録(新ナンバー)
    ※ ほか

    注) 著書リストなど書籍のリストと全て重複しています。


Top Page母屋仁木悦子の部屋 ← 現在地
Page の先頭へ 夢現半球