Shift_JIS Page

部屋入口 へ
高木彬光
時代小説著書リスト
Since: 2002.11.01
Last Update: 2009.12.27

時代小説著書 - 時代小説連作



      時代小説著書

  1. 『紅地獄絵巻』 東京文藝社 1953.10.25
    『紅地獄絵巻』

    『紅地獄絵巻』 東京文藝社 1954.01.10 ※ら
    『紅地獄絵巻』

    『妖説地獄谷』 東京文藝社 1956.11.30
    『妖説地獄谷』

    『妖説地獄谷』 青樹社 1965.12.20
    『妖説地獄谷』

    『妖説地獄谷(上)』 春陽文庫 (A60-01) 1983.05.25
    『妖説地獄谷(上)』

    『妖説地獄谷(下)』 春陽文庫 (A60-02) 1983.05.25
    『妖説地獄谷(下)』

  2. 『素浪人奉行』 東京文藝社 1953.12.10
    『素浪人奉行』/「業病長者」

    『素浪人奉行』 東京文藝社 1955.08.30
    『素浪人奉行』

    『素浪人奉行』 和同出版社 1957.08.15
    『素浪人奉行』

    『素浪人奉行』 豊書房 1961.08.20 ※ら
    『素浪人奉行』

    『素浪人奉行』 東京文藝社トーキョー・ブックス・高木彬光妖奇長篇選集3 1965.07.25
    『素浪人奉行』/△「推奨」山田風太郎(カバー)

    『素浪人奉行』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1971.05.15
    『素浪人奉行』

    『素浪人奉行』 春陽文庫 (A60-03) 1983.06.20
    『素浪人奉行』

    『素浪人奉行』 春陽文庫 (A60-49) 1999.06.20
    『素浪人奉行』

  3. 『蛇神様』 東京文藝社 1954.05.20 ※ら
    『蛇神様』

    『蛇神様』 東京文藝社 1957.07.25
    『蛇神様』

    『蛇神魔殿』 浪速書房 1959.12.25
    『蛇神魔殿』

    『蛇神様』 双葉社・双葉新書時代小説全集 1965.01.01
    『蛇神様』/「女自来也」/「女敵討ち」

    『蛇神魔殿』 桃源社ポピュラーブックス 1968.09.20
    『蛇神魔殿』

    『蛇神様』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1971.12.10
    『蛇神様』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1972.07.05 ※国(お)
    『蛇神様』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1978.05.30
    『蛇神様』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1979.05.30
    『蛇神様』

    『蛇神様』 角川文庫 (緑338-52) 1979.04.30
    『蛇神様』/△「解説」武蔵野次郎

    『蛇神魔殿』 桃源社 1981.08.15
    『蛇神魔殿』

    『蛇神様』 春陽文庫 (A60-47) 1987.08.20
    『蛇神様』

  4. 『怪盗白面鬼』 東京文藝社 1954.08.01
    『怪盗白面鬼』

    『鼠六匹二万両』 和同出版社 1957.06.10 ※ら
    『鼠六匹二万両』

    『なりひら盗賊』 東京文藝社トーキョー・ブックス・高木彬光妖奇長篇選集1 1965.04.25
    『なりひら盗賊』/△「推奨」山田風太郎(カバー)

    『鼠六匹二万両』 桃源社ポピュラーブックス 1971.02.25
    『鼠六匹二万両』

    『なりひら盗賊』 日本文華社・文華新書 (245) 1973.08.31
    『なりひら盗賊』

    『なりひら盗賊』 春陽文庫 (A60-13) 1983.11.25
    『なりひら盗賊』

  5. 『千両文七どくろ観音』 同光社 1954.08.15
    「天狗の仇討」/「妖異雛人形」/「女天一坊」/「火焔太鼓」/「白鬼草紙」/「新牡丹燈籠記」/「怪談一つ家」/「荒寺の鬼」/「離魂病」/「首無役者」/「娘将棋師」/「どくろ観音」

    『どくろ観音 千両文七捕物帳』 日本文華社・文華新書 (210) 1971.12.20
    「天狗の仇討」/「妖異雛人形」/「女天一坊」/「火焔太鼓」/「白鬼草紙」/「新牡丹燈籠記」/「怪談一つ家」/「荒寺の鬼」/「離魂病」/「首無役者」/「娘将棋師」/「どくろ観音」

    『どくろ観音―千両文七捕物帳―』 春陽文庫 (A60-07) 1983.08.25
    「天狗の仇討ち」/「妖異雛人形」/「女天一坊」/「火炎太鼓」/「白鬼草紙」/「新牡丹燈籠記」/「怪談一つ家」/「荒寺の鬼」/「離魂病」/「首なし役者」/「娘将棋師」/「どくろ観音」

    『どくろ観音―千両文七捕物帳―』 春陽文庫 (A60-07) 1998.11.20
    「天狗の仇討ち」/「妖異雛人形」/「女天一坊」/「火炎太鼓」/「白鬼草紙」/「新牡丹燈籠記」/「怪談一つ家」/「荒寺の鬼」/「離魂病」/「首なし役者」/「娘将棋師」/「どくろ観音」

  6. 『修羅王』 東京文藝社 1955.04.30
    『修羅王』

    『怪傑修羅王』 同光社出版 1959.05.25
    『怪傑修羅王』

    『修羅王』 青樹社 1965.07.25
    『修羅王』

    『怪傑修羅王』 日本文芸社 1967.05.10.
    『怪傑修羅王』

    『怪傑修羅王』 春陽文庫 1984.09.20
    『怪傑修羅王』/「無想剣進上」

  7. 『あばれ振袖』 東京文藝社 1955.12.10
    『あばれ振袖』

    『続あばれ振袖』 東京文藝社 1956.01.10
    『続あばれ振袖』

    『あばれ振袖』 春陽文庫 (A60-05) 1983.07.20
    『あばれ振袖』

    『続あばれ振袖』 春陽文庫 (A60-06) 1983.07.20
    『続あばれ振袖』

  8. 『血髑髏組』 東京文藝社 1956.06.05
    『血髑髏組』

    『血どくろ組』 東京文藝社 1963.03.01
    『血どくろ組』

    『血どくろ組』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1968.11.15
    『血どくろ組』

    『血どくろ組』 春陽文庫 (A60-09) 1983.09.25
    『血どくろ組』

  9. 『千両文七』 東方社 1956.06.20
    「羽子板娘」/「雪おんな」/「阿蘭陀かるた」/「白首大尽」/「花嫁の死」/「刺青の女」/「私版天保六花選」(「直侍雪の夜話」/「身代わり業平」/「二人三千歳」/「宗俊牢屋ばなし」)

    『刺青の女―千両文七捕物帳―』 春陽文庫 (A60-08) 1983.08.25
    「羽子板娘」/「雪おんな」/「阿蘭陀かるた」/「白首大尽」/「花嫁の死」/「刺青の女」/「私版天保六花選」(「直侍雪の夜話」/「身代わり業平」/「二人三千歳」/「宗俊牢屋ばなし」)

    『刺青の女―千両文七捕物帳―』 春陽文庫 (A60-08) 1999.01.20
    「羽子板娘」/「雪おんな」/「阿蘭陀かるた」/「白首大尽」/「花嫁の死」/「刺青の女」/「私版天保六花選」(「直侍雪の夜話」/「身代わり業平」/「二人三千歳」/「宗俊牢屋ばなし」)

  10. 『折鶴秘帖』 同光社 1956.07.15 ※ら
    『折鶴秘帖』

    『折鶴秘帖』 同星出版 1958.07.25 ※らの桃源社は誤りか
    『折鶴秘帖』

    『折鶴秘帖』 桃源社ポピュラーブックス 1968.08.25
    『折鶴秘帖』

    『折鶴秘帖』 春陽文庫 (A60-11) 1983.10.25
    『折鶴秘帖』

  11. 『振袖剣光録』 東京文藝社 1956.08.20 ※ら
    「振袖剣光録」/「天下一夢想剣」/「釣天井の鬼」/「幽霊牡丹」/「人肌弁天」/「不知火草紙」/「妖術滝夜叉」

    『振袖剣光録』 春陽文庫 (A60-10) 1983.09.25
    「振袖剣光録」/「天下一夢想剣」/「釣天井の鬼」/「幽霊牡丹」/「人肌弁天」/「不知火草紙」/「妖術滝夜叉」

  12. 『振袖夜叉』 東京文藝社 1957.01.15
    『振袖夜叉』

    『振袖夜叉』 東京文藝社 1964.02.15 ※ら
    『振袖夜叉』

    『振袖夜叉』 秋田書店・時代推理小説選集6 1968.07.30
    『振袖夜叉』/「髑髏屋敷」/「長脇差あらし」

    『振袖夜叉』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1972.01.30
    『振袖夜叉』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1972.04.30
    『振袖夜叉』

    『振袖夜叉』 春陽文庫 (A60-12) 1983.10.25
    『振袖夜叉』

  13. 『あばれ千両肌』 同光社 1957.05.10 ※北国(お)
    「花の千両肌」/「あばれ花和尚」/「お江戸吸血鬼」/「あばれ頭巾」/「柳生十兵衛」

    『花の千両肌』 朝日書房 1960.07.05 ※北
    「花の千両肌」/「あばれ花和尚」/「江戸の吸血鬼」/「あばれ頭巾」

  14. 『御用盗変化』 東京文藝社 1957.10.16
    『御用盗変化』

    『御用盗変化』 桃源社ポピュラーブックス 1968.07.20
    『御用盗変化』 桃源社ポピュラーブックス 1978.12.20
    『御用盗変化』

    『御用盗変化』 春陽文庫 (A60-14) 1983.11.25
    『御用盗変化』

  15. 『無想剣進上』 和同出版社 1957.12.15 ※北国(お)
    「無想剣進上」/「人肌勝負」/「宗俊牢屋ばなし」/「どくろ頭巾」/「業病長者」/「唐人屋敷の鬼」

  16. 『鬼来也』 東京文藝社 1958.01.30
    『鬼来也』

    『続鬼来也』 東京文藝社 1958.02.28
    『続鬼来也』

    『鬼来也』 東京文藝社 1964.03.15
    『鬼来也』

    『続鬼来也』 東京文藝社 1964.03.15
    『続鬼来也』

    『鬼来也』 東京文藝社 1972.10.20
    『鬼来也(正続)』

    『鬼来也(上)』 春陽文庫 (A60-16) 1984.03.10
    『鬼来也(上)』

    『鬼来也(下)』 春陽文庫 (A60-17) 1984.03.10
    『鬼来也(下)』

  17. 『青貝進之丞人斬控』 東京文藝社 1958.04.15
    「女自雷也」/「女敵討ち」/「魔像往来」/「身代り若殿」/「影法師」/「妻恋坂の血闘」/「旗本無法組」

    『人斬り魔剣』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1968.07.15
    「女自雷也」/「女敵討ち」/「魔像往来」/「身代り若殿」/「影法師」/「妻恋坂の血闘」/「旗本無法組」

    『人斬り魔剣』 春陽文庫 (A60-24) 1984.07.20
    「女自雷也」/「女敵討ち」/「魔像往来」/「身代わり若殿」/「影法師」/「妻恋坂の血闘」/「旗本無法組」

  18. 『小太郎の旗』 東京文藝社 1958.07.15 ※(北)
    『小太郎の旗』

    『風雲の旗』 桃源社ポピュラーブックス 1971.01.25
    『風雲の旗』 桃源社ポピュラーブックス 1981.10.20
    『風雲の旗』

    『風雲の旗』 春陽文庫 (A60-44) 1986.05.20
    『風雲の旗』

  19. 『白鬼屋敷』 桃源社 1958.07.30
    『白鬼屋敷』

    『白鬼屋敷』 桃源社ポピュラーブックス 1967.06.25
    『白鬼屋敷』 桃源社ポピュラーブックス 1978.08.20
    『白鬼屋敷』

    『白鬼屋敷』 日本文華社・文華新書 (226) 1972.08.24
    『白鬼屋敷』

    『白鬼屋敷』 春陽文庫 (A60-18) 1984.04.25
    『白鬼屋敷』

  20. 『修羅王参上』 東京文藝社 1958.09.20
    『修羅王参上』

  21. 『隠密独眼竜』 東京文藝社 1958.11.10
    『隠密独眼竜』

    『隠密独眼竜』 桃源社ポピュラーブックス 1965.03.25
    『隠密柳生剣』 桃源社ポピュラーブックス 1971.08.25
    『隠密柳生剣』 桃源社ポピュラーブックス 1978.06.25
    『隠密柳生剣』 桃源社ポピュラーブックス 1981.01.25
    『隠密独眼竜』

    『隠密独眼竜』 日本文華社・文華新書 (243) 1973.07.30
    『隠密独眼竜』

    『隠密独眼竜』 春陽文庫 (A60-20) 1984.05.25
    『隠密独眼竜』

  22. 『謎の唐人屋敷』 東京文藝社 1958.12.10 ※(北)
    『謎の唐人屋敷』

    『素浪人屋敷』 東京文藝社 1968.04.25
    『素浪人屋敷』

    『素浪人屋敷』 春陽文庫 (A60-04) 1983.06.20
    『素浪人屋敷』

  23. 『隠密愛染帖』 東京文藝社 1959.01.30
    「美女と怪盗」/「隠密白浪」/「隠密若衆」/「振袖浪人」/「怪盗まかり通る」

    『隠密愛染帖』 春陽文庫 (A60-36) 1985.08.20
    「美女と怪盗」/「隠密白浪」/「隠密若衆」/「振り袖浪人」/「怪盗まかり通る」

  24. 『人肌変化』 桃源社 1959.03.01
    『人肌変化』

    『人肌変化』 桃源社ポピュラーブックス 1967.07.25
    『人肌変化』 桃源社ポピュラーブックス 1978.09.20
    『人肌変化』

    『人肌変化』 日本文華社・文華新書 (234) 1973.02.28
    『人肌変化』

    『人肌変化』 春陽文庫 (A60-19) 1984.04.25
    『人肌変化』

  25. 『長脇差大名』 和同出版社 1959.07.10
    「花の千両肌」/「大名五郎蔵」/「名月安宅丸」/「異聞髑髏屋敷」/「長脇差あらし」/「妖説鬼女屋敷」

    『長脇差大名』 豊書房 1961.07.31 ※ら
    「花の千両肌」/「大名五郎蔵」/「名月安宅丸」/「異聞髑髏屋敷」/「長脇差あらし」/「妖説鬼女屋敷」

    『長脇差大名』 桃源社ポピュラーブックス 1973.05.25
    『長脇差大名』 桃源社ポピュラーブックス 1980.11.20
    「花の千両肌」/「大名五郎蔵」/「名月安宅丸」/「異聞髑髏屋敷」/「長脇差あらし」/「妖説鬼女屋敷」

    『長脇差大名』 春陽文庫 (A60-15) 1983.12.25
    「花の千両肌」/「大名五郎蔵」/「名月安宅丸」/「異聞髑髏屋敷」/「長脇差あらし」/「妖説鬼女屋敷」

    『長脇差大名』 春陽文庫 (A60-15) 1998.12.20
    「花の千両肌」/「大名五郎蔵」/「名月安宅丸」/「異聞髑髏屋敷」/「長脇差あらし」/「妖説鬼女屋敷」

  26. 『隠密飛竜剣』 東京文藝社 1959.12.29
    「隻眼剣法」/「神変紅葉狩」/「百万両呪縛」/「くずれ隠密」/「仇討女夫旅」/「針を吹く女」/「薩摩の密使」

    『隠密飛竜剣』 東京文藝社 1964.05.25
    (『隠密飛竜剣』)

    『隠密飛竜剣』 桃源社 1969.04.01
    「隻眼剣法」/「神変紅葉狩」/「百万両呪縛」/「くずれ隠密」/「仇討女夫旅」/「針を吹く女」/「薩摩の密使」

    『柳生旅日記』 桃源社ポピュラーブックス 1971.08.05
    『柳生旅日記』 桃源社ポピュラーブックス 1978.05.30
    『柳生旅日記』 桃源社ポピュラーブックス 1980.12.20
    「隻眼剣法」/「神変紅葉狩」/「百万両呪縛」/「くずれ隠密」/「仇討女夫旅」/「針を吹く女」/「薩摩の密使」

    『隠密飛竜剣』 春陽文庫 (A60-21) 1984.05.25
    「隻眼剣法」/「神変紅葉狩」/「百万両呪縛」/「くずれ隠密」/「仇討女夫旅」/「針を吹く女」/「薩摩の密使」

  27. 『魔剣青貝流』 東京文藝社 1960.06.30
    「血の連判状」/「蛇面観音」/「緋牡丹くずれ」/「帯解け剣法」/「謎のどくろ頭巾」/「謎の虚無僧」

    『魔剣青貝流』 東京文藝社トーキョー・ブックス・高木彬光妖奇長篇選集4 1965.11.20
    「血の連判状」/「蛇面観音」/「緋牡丹くずれ」/「帯解け剣法」/「謎のどくろ頭巾」/「謎の虚無僧」/△「推奨」山田風太郎(カバー)

    『魔剣青貝流』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1971.11.05
    「血の連判状」/「蛇面観音」/「緋牡丹くずれ」/「帯解け剣法」/「謎のどくろ頭巾」/「謎の虚無僧」

    『魔剣青貝流』 春陽文庫 (A60-25) 1984.08.05
    「血の連判状」/「蛇面観音」/「緋牡丹くずれ」/「帯解け剣法」/「謎のどくろ頭巾」/「謎の虚無僧」

  28. 『振袖変化』 東京文藝社 1961.02.28
    『振袖変化』

    『振袖変化(上)』 春陽文庫 (A60-22) 1984.06.20
    『振袖変化(上)』

    『振袖変化(下)』 春陽文庫 (A60-23) 1984.06.20
    『振袖変化(下)』

  29. 『龍巻街道』 東京文藝社 1961.06.30
    『龍巻街道』

    『龍巻街道続篇』 東京文藝社 1961.07.25
    『龍巻街道続篇』

    『たつまき街道(上)』 春陽文庫 (A60-31) 1985.05.20
    『たつまき街道(上)』

    『たつまき街道(下)』 春陽文庫 (A60-32) 1985.05.20
    『たつまき街道(下)』

    『続たつまき街道(上)』 春陽文庫 (A60-33) 1985.06.20
    『続たつまき街道(上)』

    『続たつまき街道(下)』 春陽文庫 (A60-34) 1985.06.20
    『続たつまき街道(下)』

  30. 『まぼろし姫』 東京文藝社 1961.09.30
    『まぼろし姫』

    『まぼろし姫』 東京文藝社トーキョー・ブックス・高木彬光妖奇長篇選集2 1965.05.25
    『まぼろし姫』/△「推奨」山田風太郎(カバー)

    『まぼろし姫』 桃源社ポピュラーブックス 1971.12.25
    『まぼろし姫』

    『まぼろし姫』 東京文藝社 1978.06.30
    『まぼろし姫』

    『まぼろし姫』 桃源社 1981.09.15
    『まぼろし姫』

    『まぼろし姫』 春陽文庫 (A60-35) 1985.07.20
    『まぼろし姫』

    『まぼろし姫』 春陽文庫 (A60-48) 1999.03.20
    『まぼろし姫』

  31. 『江戸の夜叉王』 桃源社 1962.02.10
    『江戸の夜叉王』

    『江戸の夜叉王』 桃源社ポピュラーブックス 1967.03.01
    『江戸の夜叉王』 桃源社ポピュラーブックス 1974.08.25
    『江戸の夜叉王』

    『江戸の夜叉王』 日本文華社・文華新書 (220) 1972.05.20or22
    『江戸の夜叉王』

    『江戸の夜叉王』 春陽文庫 (A60-37) 1985.09.25
    『江戸の夜叉王』

  32. 『大江戸悪魔祭』 東京文藝社 1962.06.30
    『大江戸悪魔祭』

    『江戸悪魔祭』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1967.03.05
    『江戸悪魔祭』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1969.12.25
    『江戸悪魔祭』

    『江戸悪魔祭』 東京文藝社 1973.01.30
    『江戸悪魔祭』

    『江戸悪魔祭』 東京文藝社 1978.03.30
    『江戸悪魔祭』

    『江戸悪魔祭』 東京文藝社 1987.11.20
    『江戸悪魔祭』

    『江戸悪魔祭(上)』 春陽文庫 (A60-38) 1985.10.20
    『江戸悪魔祭(上)』

    『江戸悪魔祭(下)』 春陽文庫 (A60-39) 1985.10.20
    『江戸悪魔祭(下)』

  33. 『青龍の剣』 東京文藝社 1962.09.30
    『青龍の剣』

    『青龍の剣』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1968.02.20
    『青龍の剣』 東京文藝社トーキョー・ブックス 1971.09.30
    『青龍の剣』

    『青龍の剣』 桃源社ポピュラーブックス 1969.05.05
    『青龍の剣』 桃源社ポピュラーブックス 1978.11.20
    『青龍の剣』

    『青龍の剣(上)』 春陽文庫 (A60-40) 1985.11.20
    『青龍の剣(上)』

    『青龍の剣(下)』 春陽文庫 (A60-41) 1985.11.20
    『青龍の剣(下)』

  34. 『隠密月影帖 月の巻』 東都書房 1963.11.10
    △「まえがき」/『隠密月影帖 月の巻』

    『隠密月影帖 影の巻』 東都書房 1963.11.10
    『隠密月影帖 影の巻』

    『隠密月影帖 月の巻』 桃源社ポピュラーブックス 1968.02.15
    △「まえがき」/『隠密月影帖 月の巻』

    『隠密月影帖 解決編・影の巻』 桃源社ポピュラーブックス 1968.03.15
    『隠密月影帖 影の巻』

    『隠密月影帖』 報知新聞社 1971.07.15
    △「まえがき」/『隠密月影帖』

    『隠密月影帖』 桃源社 1978.09.20
    △「まえがき」/『隠密月影帖 月の巻』/『隠密月影帖 影の巻』

    『隠密月影帖 月の巻(上)』 春陽文庫 (A60-27) 1985.03.20
    『隠密月影帖 月の巻(上)』

    『隠密月影帖 月の巻(下)』 春陽文庫 (A60-28) 1985.03.20
    『隠密月影帖 月の巻(下)』

    『隠密月影帖 影の巻(上)』 春陽文庫 (A60-29) 1985.04.10
    『隠密月影帖 影の巻(上)』

    『隠密月影帖 影の巻(下)』 春陽文庫 (A60-30) 1985.04.10
    『隠密月影帖 影の巻(下)』

  35. 『雪姫絵図』 東都書房 1965.05.10
    『雪姫絵図』

    『雪姫絵図』 桃源社ポピュラーブックス 1968.06.15
    『雪姫絵図』 桃源社ポピュラーブックス 1979.01.20
    『雪姫絵図』 桃源社ポピュラーブックス 1980.08.25
    『雪姫絵図』

    『雪姫絵図』 報知新聞社 1971.10.25
    『雪姫絵図』

    『雪姫絵図(上)』 春陽文庫 (A60-45) 1986.07.20
    『雪姫絵図(上)』

    『雪姫絵図(下)』 春陽文庫 (A60-46) 1986.07.20
    『雪姫絵図(下)』

  36. 『風来浪人』 桃源社ポピュラーブックス 1967.02.05
    『風来浪人』

    『風来浪人(上)』 春陽文庫 (A60-42) 1986.03.20
    『風来浪人(上)』

    『風来浪人(下)』 春陽文庫 (A60-43) 1986.03.20
    『風来浪人(下)』


      時代小説連作

  1. 「百鬼夜行 悲願天馬鏡3」 小説の泉 1950.01.
    『謎の天馬鏡』(連作) 東京文藝社 1953.11.15 ※国(お)
    「謎の天馬鏡」陣手達朗、三好一光、高木彬光、谷屋充、佐々木杜太郎、野村胡堂/「島から来た魔像」土師清二、佐々木杜太郎、谷屋充、城昌幸、陣手達朗、野村胡堂

  2. 「毒蛇 解決篇」 面白倶楽部 1952.10. ※幻
    『黒門町傳七捕物百話 第八巻』 桃源社 1954.11.10
    /「毒蛇」野村胡堂、高木彬光/ほか

  3. 「雄鷲雌鷲 激流相突の巻」 読切小説集 1955.07.(1955.06.〜08.) ※北
    『雄鷲雌鷲』(連作) 和同出版社 1955.08.31
    ※担当著者名なし (雑誌より 「秘境沈鐘の巻」陣出達朗/「暗文争奪の巻」並木行夫/「輪廻流転の巻」黒部渓三/「竜虎呼雲の巻」永瀬英一/「妖風剣士の巻」青木春三/「激流相突の巻」高木彬光/「転変万花の巻」北園孝吉/「暗号秘文の巻」楠田匡介/「行雲流水の巻」城昌幸)


Top Page母屋高木彬光の部屋 ← 現在地
Page の先頭へ 夢現半球