Japanese Page
Since 26th Feb. 2018
Last Update 26th Feb. 2018

神田孝平作品


      神田孝平(かんだたかひら)略年譜

    1830.10.31(文政13年9月15日) 岐阜県不破郡に生まれる
    1862.xx. 幕府蕃書調所教授
    1868.xx. 一等訳官
    1871.11. 兵庫県令に就任
    1876.xx. 元老院議官
    1890.xx. 貴族院議員
    1898.07.05(明治31年) 死去

    筆名は、神田孝平、神田楽山、孟恪、淡崖

      (国DC)は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています
      (うわづら)はうわづら文庫でインターネット公開されています
      (法政)は法政大学学術機関リポジトリでインターネット公開されています


      翻案小説

  1. 「ヨンケル・ファン・ロデレイキ一件」 (「楊牙児奇獄」「楊牙児ノ奇獄」「ヨンケル・ファン・ロデレイキ殺人事件」「ヨンケル・ファン・ロデレイケ一件」)
    原作: 「ヨンケル・ファン・ロデレイケ」 クリストマイエル(クリステメイエル)
    ( 『和蘭美政録』 1861頃、自筆稿 )
    (成島柳北抄録 花月新誌 1877.08.〜1878.03.、復刻版1984.xx. )
    (成島柳北編 『楊牙児奇獄』 広文堂 1886.12. )(国DC)
    (成島柳北編 『楊牙児奇獄』 薫志堂 1887.xx. )
    ( 日本之法律 1892.06.〜10. )
    (依田学海漢文訳 『秀才文叢』少年文集増刊 1897.04. )
    (吉野作造校 『明治文化全集14 翻訳文芸篇』 評論社 1927.02. )(うわづら)
    (吉野作造校 『明治文化全集22 翻訳文芸篇』月報11 日本評論社 1967.11. )
    西田耕三現代語訳 『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15
    明治文化全集版 『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15
    花月新報版 『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15
    (花月新報版 『明治の翻訳ミステリー』 五月書房 2000.05. )
    (日本之法律版抄 『明治の翻訳ミステリー』 五月書房 2000.05. )
    (明治文化全集版 『新日本古典文学大系 明治編15』 岩波書店 2002.01. )
    (宮永孝訳 「楊牙児奇獄」 社会志林 2011.07. )(法政)

  2. 「青騎兵并右家族共吟味一件」 (「青騎兵」「青騎兵とその家族の捜査の顛末」「青騎兵とその家族」)
    原作: 「青騎兵とその家族」 クリストマイエル(クリステメイエル)
    ( 『和蘭美政録』 1861頃、自筆稿 )
    ( 日本之法律 1892.01.〜05. )
    ( 明治文化 1929.09.〜10. )
    ( 新青年 1931.04. )
    (日本之法律版 『明治文化全集22 翻訳文芸篇』月報11 日本評論社 1967.11. )
    西田耕三現代語訳 『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15
    明治文化版 『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15
    (宮永孝抄訳未完 「オランダの探偵小説「青騎兵とその家族」について」 社会志林 2016.12. )(法政)


      参考文献

    「知的エピキュリアンとしての吉野作造 神田孝平と日本最初の翻訳ミステリー小説『和蘭美政録』をめぐって」西田耕三
    『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三 耕風社みやぎ文学館ライブラリー2 1997.10.15

    「楊牙児奇獄」宮永孝
    社会志林 2011.07. (法政)

    「オランダの探偵小説「青騎兵とその家族」について」宮永孝
    社会志林 2016.12. (法政)

    「『楊牙児奇獄』が辿った数奇な運命 日本文化にも影響を与えた日本探偵小説の祖」古書山たかし
    『怪書探訪』 東洋経済新報社 2016.11.03

    その他多数

    Jan Bastijaan Christemeijer (1794-1872) Belangrijke tafereelen uit de geschiedenis der lijfstraffelijke regtspleging 1821年版、1830年版、1860年版、1872年版がgoogle booksで閲覧可能


      おまけ

    ・『日本最初の翻訳ミステリー小説 吉野作造と神田孝平』西田耕三


HOMEへ戻る  ←  著者別リストへ戻る  ←